膀胱がん術後の再発の不安もなく過ごせる幸せ

オリンピックやら甲子園やら、今年の夏はスポーツが目白押しですね。

オリンピックでの日本選手の活躍も物凄いですが、今年の甲子園は熱い!
なんせ、私の地元、福島県代表校である「聖光学院」がなんとベスト8まで勝ち進んだのです。

惜しくも、今日の試合では負けてしまいましたが、選手たちには盛大な拍手を送りたいです。
お疲れ様でした!最高に熱い甲子園を楽しませてもらいました。
さて、本日はすだ気功院<仙台分院>での治療
膀胱がんの術後8年を迎え、私どもの仙台分院に来院して既に7年になる女性の患者さんの治療です。
がんは、転移や再発が怖いですから、こちらの患者さんも来院時はがんの再発を怖がるあまり不安神経症になっていました。ですのでまずは精神てきな部分への治療から始めました。

初めのうちは、月2回の治療を継続し「心の病」は3年でほぼ治癒
そんな頃、膀胱内に再発の疑いがある炎症が見つかり再び不安が増したのですが、引き続き治療で精神を安定させながら炎症に対する治療を月3回~4回施し結果的には約半年で炎症は消えました。

その後も、気功治療を続けていることで何の不安も無く過ごせると、今は健康を保つ意味で月1回治療にいらして頂いております。

 


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから