難治性五十肩の患者さんへの気功治療

大型台風が心配ですね・・・それにしてもここ最近の台風は変ですね。
どうか大きな被害が無い事を願います。

 

 

さて本日は、すだ気功院<東京本院>での治療。

難治性五十肩の患者さん。1年半前に来院された女性の患者さんは左肩が全く動かず酷く絞縮して夜も眠れないほどの痛みで苦しんでおりました。
状態を見る限り、肩周りに複雑に折り重なる腱や筋肉内に疲労物質が溜まり結晶化し筋肉繊維は圧縮され硬い板状に硬直変質した状態が想定されました。更に炎症により血流は極端に妨げられている事も考えられました。

故に、筋肉や腱の細胞組織を膨らませ血が通う軟らかな状態に戻せれば痛みは和らぐと判断しました。。
治療項目は様々ありますが基本はコロナ、血流アップ、一番は機能のカイロにあります。この辺は経験から生み出された匠の技が結果を出すわけです。仕上げに様々な角度と方向からの強烈な筋力アップを加え仕上げて行きます。
決して力技で動かしてはいけないのです。炎症が更に進み回復の見込みが断たれてしまいます。
この気功治療はソフトにして筋肉腱の組織を膨らませ軟らかくして疲労物質を排除します。
週1回の治療で3、4回で痛みがかなり緩和します。半年で通常の生活が支障無く過ごせる状態まで回復します。更に1年から1年半でほぼ治癒に至ります。

難治性五十肩だからと不可能だと諦めないで、是非ご相談下さい。


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから