ガンに対する新しい治療法の話題

先進的な現代医療技術の中でも最もシンプルで素晴らしい情報がアメリカから発信されました。

近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す。という米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発したという驚きの治療方法の話題です。

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めています。

「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指しているということ。。

がん治療法には、大きく分類すると「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つあるのですが、、外科手術は患者の身体への負担が大きいですし、他の2つは副作用があります。また、転移・再発防止などにも課題があるのが現状でした。

しかし、これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのガンに応用できて、やっかいな転移がんにも有効だというのです。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうですね。

オバマ元大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いと思いますが、世界中の人々のがんへの恐れと不安に対して、とても明るい勇気づけられる情報ではないかと取り上げてみました。

 


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから