アトピー性皮膚炎はかゆみの記憶から断つ!

AST気功によるアトピー性皮膚炎への施術方法の解説

当院では、アトピー性皮膚炎で来院された患者さんの多くに、症状の改善が確認されています。

施術による変化の感じ方は個人により様々ですが、これまでの経験と実績から、症状の程度に関わらず、週に一回程度の間隔で施術することで、おおよそ30日から40日で症状に変化が生じるケースが多く見受けられます。

それでは、アトピー性皮膚炎に対して、AST気功ではどのような施術が行われているのかを、解説いたします。

●かゆみの緩和

AST気功では、最初に痒みの緩和を試みます。

まずは、患部に存在しているアレルギーの元となってしまう、様々な物質や刺激性の物質を取り除くため、不要物質体外排出の気功療法で気化しながら手足からそれらを放出させます。(この気功療法をASTでは 火の技法 と呼んでいます)

 

●マイナスの気を除去

次は患部に滞留している悪い気、つまりマイナスの気を取り除く作業です。

AST気功の基本技法となる プラスの気とマイナスの気を結合させて体外に取り出す気功療法で施術し、マイナスの気を体外に放出させ、取り除きます。

 

●ヒスタミンなどの活動を抑える

次に、血液・免疫反応を整える気功療法を使い、アレルゲンが体内に入ってしまうと免疫細胞と結びつき、痒みや炎症を起こしてしまうヒスタミン等の活動を抑え落ち着かせます。

 

●かゆみの記憶へアプローチする

そして痒みや掻くという動作が慢性化してしまうアトピー性皮膚炎ですが、実はこれらの理由には 「痒みの記憶」 にも原因があると言われており、現代医療でも少しずつ注目されてきています。

痒さを我慢できず掻いてしまうのは、痒みの記憶を元に、脳が「掻いて!」と信号をだしてしまうからだと言われています。そこでAST気功ではこの記憶にアプローチし、痒み信号を出す「痒みの存在」を止め、痒み中枢へ報告する気功療法で「掻いて!」という信号が脳から出にくくなるように試みます。

更に、「痒みの記憶」を消去する気功療法で、大脳から痒みの記憶を消去します。

(これらの気功療法をASTでは 止めの技法 と呼んでいます)

こういったアプローチの仕方がAST気功の真骨頂とも言えるでしょう。

 

●掻き壊してしまった患部の修復

仕上げは患部の修復です。ここまでは「痒み」や「痒みの記憶」といった 要素 に対するアプローチでしたが、ここからは実際に痒い箇所、つまり患部の修復を試みます。

患部の修復・再生・促進の気功療法で、過剰になってしまった白血球の活動を抑え、副腎ホルモンの分泌を促し、患部の炎症を抑えます。

 

こういった施術を症状の程度に合わせて、おおよそ一時間かけて行います。そして週に一回程度の間隔で繰り返し施術することにより、徐々に症状の変化をご自身でも感じることができるでしょう。

施術完了までの期間は個人により様々ですが、当院では、アトピー性皮膚炎で来院された患者さんの多くに、症状の改善が確認されています。

この様にAST気功は血流やホルモン、細胞などに直接働きかける事ができる日本で生まれた独自の気功療法です。

↓↓こちらの解説をyoutubeにてナレーション付きの動画でもご覧頂けます↓↓

 

気功によるフェイシャルエステサービスを開始いたしました

 

この度、ASTすだ気功院では待望の「気功エステ」のサービスを開始いたしました。数年間に及ぶトレーニングと検証を経て、いよいよサービスリリースです。

施術には「フェイシャル&デコルテラインのマッサージ」をはじめ、「自律神経とホルモンのバランスと整える為の気功施術」と「表情筋をリフトさせるための気功施術」がセットになったとても健康的な内容となっております。

施術料金など詳しくは下記よりご確認ください


施術可能な場所は「東京」「仙台」「福島県須賀川市」です
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.tokyo-ast-suda.com/beauty/index.html

電話によるお問い合わせは、エステ担当の「おおき いくえ」迄
090-2881-9806
インターネットによるお問い合わせはこちらから

ASTすだ気功院<仙台分院>
〒980-0014宮城県仙台市青葉区本町1丁目12-2モンテベルデ花京院602
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://sendai-ast-suda.com/beauty/index.html

電話によるお問い合わせは、エステ担当の「おおき いくえ」迄
090-2881-9806
インターネットによるお問い合わせはこちらから

ASTすだ気功院<須賀川分院>
962-0818福島県須賀川市和田道92
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.sukagawa-ast-suda.com/beauty/index.html

電話によるお問い合わせは、エステ担当の「おおき いくえ」迄
090-2881-9806
インターネットによるお問い合わせはこちらから

 

抗がん剤治療と気功治療の併用について思うこと(プロローグ)

政府と国立がん研究センターの調査では、高齢のがん患者に対する抗がん剤治療について「延命効果が少ない可能性がある」とする調査結果をまとめたことが4月26日分かった・・・という産経ニュースの【抗がん剤、高齢患者への効果少なく 肺がん・大腸がん・乳がんの末期は治療の有無で生存率「同程度」  政府など調査】の記事に目が止まりました。

今までに私も末期がんの患者さんを数多く治療して来て思うことがあります。高齢者はもちろんこの調査結果に当てはまると思います。しかし年齢を問わず消化器系が弱い方もやはり該当するように感じます。

現在も抗がん剤と我々の気功治療を併用される患者さんは数多くいらっしゃいます。目的は、骨髄抑制と副作用の軽減、また免疫力の維持です。しかし薬剤に極端に弱く初めから抗がん剤(化学療法)を拒否される患者さん、途中から拒否される患者さんと様々ありますが、この気功治療のみで過ごしたいという患者さん全体の3割ほどおられます。

抗がん剤のみの患者さんは私どもに来られませんから分かりませんが、抗がん剤とこの気功治療を併用された患者さんと、抗がん剤を拒否されこの気功治療のみて過ごした患者さんと、果して結果の違いはどのような形に現れたかについては、次のブログで私の治療経験と仲間の事例を交え考察していきたいと思います。


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから

ガンに対する新しい治療法の話題

先進的な現代医療技術の中でも最もシンプルで素晴らしい情報がアメリカから発信されました。

近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す。という米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発したという驚きの治療方法の話題です。

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めています。

「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指しているということ。。

がん治療法には、大きく分類すると「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つあるのですが、、外科手術は患者の身体への負担が大きいですし、他の2つは副作用があります。また、転移・再発防止などにも課題があるのが現状でした。

しかし、これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのガンに応用できて、やっかいな転移がんにも有効だというのです。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうですね。

オバマ元大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いと思いますが、世界中の人々のがんへの恐れと不安に対して、とても明るい勇気づけられる情報ではないかと取り上げてみました。

 


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから

境界型糖尿病の治療経過

各地で被害をもたらした、台風18号ですが、とりあえずは温帯低気圧に代わり、今日の東北は穏やかです。
さて本日は、すだ気功院<須賀川分院>での治療。
以前の投稿でお話した、境界型糖尿病の患者さんがみえられました。

以前の投稿はこちら

治療から約一ヶ月後の病院での検査ではヘモグロビンA1cが5.8で横這いをキープ。
願わくば、5.6の標準値を期待していましたが、なかなか簡単ではありませんね。

私も患者さんも5.6の標準値を目指して頑張ります。

【追記】2016/11/25

ヘモグロビンA1c(JDS)7月上旬の採血で5.8になって以来2ヶ月後の採血の検査で更に5.7に下がりました。これはかなり良好な結果と言えます。この数値をキープすることが大事ですので、患者さんには病院から勧められている自己管理についてはストレスにならない程度に守って頂くようお話をしております。


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから

難治性五十肩の患者さんへの気功治療

大型台風が心配ですね・・・それにしてもここ最近の台風は変ですね。
どうか大きな被害が無い事を願います。

 

 

さて本日は、すだ気功院<東京本院>での治療。

難治性五十肩の患者さん。1年半前に来院された女性の患者さんは左肩が全く動かず酷く絞縮して夜も眠れないほどの痛みで苦しんでおりました。
状態を見る限り、肩周りに複雑に折り重なる腱や筋肉内に疲労物質が溜まり結晶化し筋肉繊維は圧縮され硬い板状に硬直変質した状態が想定されました。更に炎症により血流は極端に妨げられている事も考えられました。

故に、筋肉や腱の細胞組織を膨らませ血が通う軟らかな状態に戻せれば痛みは和らぐと判断しました。。
治療項目は様々ありますが基本はコロナ、血流アップ、一番は機能のカイロにあります。この辺は経験から生み出された匠の技が結果を出すわけです。仕上げに様々な角度と方向からの強烈な筋力アップを加え仕上げて行きます。
決して力技で動かしてはいけないのです。炎症が更に進み回復の見込みが断たれてしまいます。
この気功治療はソフトにして筋肉腱の組織を膨らませ軟らかくして疲労物質を排除します。
週1回の治療で3、4回で痛みがかなり緩和します。半年で通常の生活が支障無く過ごせる状態まで回復します。更に1年から1年半でほぼ治癒に至ります。

難治性五十肩だからと不可能だと諦めないで、是非ご相談下さい。


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから

<気功治療師・治療師研修生向け>睡眠障害の新たな治療法第2段階目の試み

作新学院強い!!!
甲子園も、準決勝まで進んできましたね〜
私の地元福島の聖光学院もベスト8まで進み頑張りましたが、次はどこを応援しようかと・・・
やっぱりお隣の栃木?と思っていたら、作新学院10-2で圧勝でした。

今年はどこが勝つかわからないですね〜
そして、熊本もまだ残っています、大地震で大変な時期を踏ん張って勝ち残っている事に感動です。頑張って欲しい。

 

さて本日は、<研修生向け>睡眠障害の新たな治療法第2段階目の試みについて

前回は火の技法を使い残留する薬剤を焼き体外に追い出し睡眠を改善して多くの薬剤を少しでも斬減しようとする試みでした。

今回は、多剤(睡眠導入剤・睡眠薬・精神安定剤・抗うつ剤など)服用による睡眠障害は、脳の各機能の連携を阻害し本来あるスムーズなホルモン分泌の障害になっていると仮定した考えに基づいて組み立てています。

脳幹の縫線核上部から始まるセロトニン神経回路と脳神経細胞の無数のシナプスを活性化させ、脳内の血流環境を改善するものです。
更に松果体からのメラトニンホルモンの分泌を促進し併せてセロトニンホルモンをメラトニンホルモンに変換を促し睡眠を改善しようとする治療法です。
現在もこの治療法は継続中。


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから

原因不明の空咳

オリンピックも残すところあと僅かですね。

たまたま、水泳の飛び込み女子10m高飛込みの競技を観たんですけど、日本からは板橋選手という高校生が決勝に進出していました。8位と大健闘を見せてくれましたし、高校生でまだまだ若いのでこれからも、期待できますね。頑張って欲しいです。
それにしても、あの高い10mの場所から、回転しながら飛び込むなんて・・・凄いの一言。

 

 

さて本日は、すだ気功院<東京本院>での治療。

原因不明の空咳の治療です。
様々な検査をしても空咳の原因は特定できていませんでした。しかし治療をすると左肺中葉に明らかに熱感反応が顕著にありました。咳が始まった切っ掛けを聞いてみると地下室でお掃除をしてからかで、その時カビの臭いが気にはなったと仰っていました。

原因はともかく左肺中葉にターゲットを絞り月2回の治療を繰り返した結果、約3ヶ月で空咳は止まり、患者さんも一安心で帰られていきました。


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから

膀胱がん術後の再発の不安もなく過ごせる幸せ

オリンピックやら甲子園やら、今年の夏はスポーツが目白押しですね。

オリンピックでの日本選手の活躍も物凄いですが、今年の甲子園は熱い!
なんせ、私の地元、福島県代表校である「聖光学院」がなんとベスト8まで勝ち進んだのです。

惜しくも、今日の試合では負けてしまいましたが、選手たちには盛大な拍手を送りたいです。
お疲れ様でした!最高に熱い甲子園を楽しませてもらいました。
さて、本日はすだ気功院<仙台分院>での治療
膀胱がんの術後8年を迎え、私どもの仙台分院に来院して既に7年になる女性の患者さんの治療です。
がんは、転移や再発が怖いですから、こちらの患者さんも来院時はがんの再発を怖がるあまり不安神経症になっていました。ですのでまずは精神てきな部分への治療から始めました。

初めのうちは、月2回の治療を継続し「心の病」は3年でほぼ治癒
そんな頃、膀胱内に再発の疑いがある炎症が見つかり再び不安が増したのですが、引き続き治療で精神を安定させながら炎症に対する治療を月3回~4回施し結果的には約半年で炎症は消えました。

その後も、気功治療を続けていることで何の不安も無く過ごせると、今は健康を保つ意味で月1回治療にいらして頂いております。

 


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから

【気功治療師・治療師研修生向け】イビキと鼻炎への気功治療

個人的には芸能ニュース関連には興味はないのですが、いやおうなしにでも耳に入ってくる「SMAP解散」の話題。
超人気グループなだけに、様々な柵もあり、ごたごたしたのでしょうね。
グループが解散しても、個々でやっていけるだけの実力と実績はあるのでしょうけれど、芸能人の事務所問題ってなかなか難しいみたいですね。仕事がなくてはその実力を発揮できないでしょうから。

 

 

さて、今回は気功治療師研修生に向けた、自分で自分を治療する【自己治療】のお話。
例えば、いびきや鼻炎の治療
イビキをよくかき口呼吸になっている方は、軟口蓋(のどちんこ周辺)の筋力を頭頂へ上げるだけで鼻の通りが良くなり鼻呼吸がスムーズになることでイビキが改善します。
それでも、イビキが酷い方には舌全体と舌根も上げる必要があります。
更に、しつこい強情イビキには咽頭周りと舌骨と顎も使ったユニークな上げ方があります。

また、鼻炎や鼻水のある方は鼻根を石立ちで深くよく取り、かつ鼻根を→頚椎7番へ強烈に引っ張る。

※これらの具体的な意識の仕方については須田までご相談くださいね。

 


AST気功が得意としている分野が「本来、直接アプローチできな領域」へのアプローチです。
しかし、そういった領域へのアプローチは病院治療では難しいにも関わらず、あらゆる症状の根源だったりするのです。

当院の気功治療による判断基準について

・医学理論に基づいております(私自身は医師ではございませんし、気功院は病院ではございませんので、「投薬」「手術」「診断」のいずれも行いません。しかし医療に関する勉強を怠っていては気功による病気治療などとても行えません。日々情報収集と勉学に励んでおります。それがまた気功技術のレベルアップにも繋がりますので)
・西洋医学を否定しておりません
治療による効果は必ず病院で診断された検査データー(血液検査表やエコー、CT、MRI画像等)を基に行い、必ず再度病院で検査を受けていただいて、治療結果を評価・判断します。
ASTすだ気功院<東京本院>
〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-16 小林ビル403
営業時間 9:30-19:30 予約制・不定休

http://www.ast-suda-kiko.jp/

電話によるお問い合わせはフリーダイアル
0120-127-791
インターネットによるお問い合わせはこちらから